あんなリクオがぬらりひょん纏める人間

標準

闇に通じる考え物のもの、化け物。

その化け物の総大将としてぬらりひょんがその座に君臨していた。そのぬらりひょんの孫ですリクオはどこでにもおるふつうの中学校として生活していた。

本当はリクオは4分の1化け物の血液を受け継いでいるため化け物に変化することができたのだ。ただし、決定的化け物ではないため、毎日の4分の1の間でしか溶化け物の様子になれずにいた。

あんなリクオがぬらりひょん纏める人間良チームを継ぐことを良しといった思わない化け物たちも少なくなかった。そういう化け物たちを率いる結果、リクオは人間としても化け物としても通じることを決意する。

こういう漫画に現れるやり方はどれも魅力的で、可愛かったり。うれしいキャラばっかりです。有名な化け物たちが新たな解説を通じて現世で活躍する様子は癇振るわせるものがある。

また、任侠の業界といった化け物の業界が優秀にマッチしているため、しっかりとした見方を作り出している。

化け物だけでなく、陰陽師なども登場し。お喋りは結び付くにつれヒートアップして行く。

化け物ものではめずらしい純粋な動き事態が多いのもこういう力作の動向です。

ジャンプの呼物漫画もあったのでアニメ化もされているので、興味があるお客様は初めて読んでみては如何だろうか。